検索条件

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力















現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

プリンターの 「OEM」 

お好きなメーカーさんありますでしょうか。下の3つのプリンターは親戚関係にあります。ゼロックスさんが製造して他のメーカーへ供給しています。エンジンと本体が同じなわけですから、消耗品も共有化できるケースがあります。消耗品が共有化する事で「汎用品」がでてきます。ですからメーカーのブランド名こそ入っておりませんがモノは純正品と同じと言っても言い過ぎではないのです。
すべてのプリンターに「汎用品」が出てくるわけではありません。プリンターを選ばれるときは対応する消耗品の選択肢がおおいプリンター、お使いのプリンターに「汎用品」があるお客様はご選択肢にいれてみてください。

プリンターを供給するところと同じトナーカートリッジを使用します

プリンターを供給するところと同じトナーカートリッジを使用します

純正品

輸入純正品・汎用品

リサイクルトナー

約66%

約8%

約26%

ご来店ありがとうございます。
上の表はトナーカートリッジの市場シェアです。2012年・2013年もほぼ同じ推移です。 国内では、1本数千円から数万円の純正品が圧倒的な人気です。輸入純正品や汎用品にいたっては10%にもいかず、リサイクルトトナーは20%台からなかなか伸びない状態です。
当店は、純正品と同等品質で価格がお得な輸入汎用品、もしくは純正品をお手本にして真面目につくられたリサイクルトナーをおすすめしております。
海外では、日本の逆でリサイクルトナーが5割!を超えるほど普及しています。個人の方が自分でリサイクルしている位、広く認知されおり「トナーはリサイクルするもの」が当たり前になっています。インターネットをみると、YouTubeなどへカートリッジの分解手順やトナーの充填方法、組立て方が動画でアップされていたり、トナーの粉やチップまで販売されているので、だれてもリサイクルトナーを作ってみることができます。
日本のリサイクルトナーにはまだ、JIS規格のような標準カートリッジの制定がありません。そのため、粗悪につくられた安価なものや、悪質な模造品が出回り、リサイクルトナーに対するイメージの低迷、普及がすすまない要因のひとつになっています。
各リサイクルメーカーさまや、部材メーカーさまも研究に研究を重ねておられます。真面目に作られたリサイクルトナーの品質は信頼できるものです。
当店のリサイクルトナーは、そんな真面目なメーカーさまのものです。
プリンターの値段はモノクロなら2~3万、カラープリンターでも10万以下で購入可能と買いやすくなっておりますが、インクやトナーなどの消耗品の値段はさがりません。
プリンターは安くても消耗品はびっくりな値段です。消耗品を買うとき 「たっかいなあ」と感じたかたは多いと思います。修理代はもっと高いんですよ。いまは、様々なご選択肢ができますし選ぶことができます。決して安いお買い物ではありません。プリンターを選ぶときには、そのときの購入コストだけでなく、それを維持するコストまで比較されると面白いしお得です。
プリンターはさまざまな場所や用途で毎日おつかいになられる身近なものです。いま、プリンターをお使いのかたも、消耗品を当分ご購入される予定がないかたも、他社様のサービス・価格を比較して、ご自身にベストなショップ・業者さまからお求めいただけることを願っております、当サイトがそのご一助となれればしあわせです。